トップ > 文芸・自伝・エッセー・評論 > きぼうしゅうらく 移住女子の里山ぐらし【9/1発売】

きぼうしゅうらく 移住女子の里山ぐらし【9/1発売】

〜新潟日報連載「きぼうしゅうらく」単行本化〜
大学卒業後、十日町市池谷集落へ単身移住した著者。一から農業を学び、結婚、そして子育てをする中で彼女が出会った人や言葉とは。悩みながらも、挑戦し続けた里山暮らしの5年間をまとめたエッセー集。

著者 佐藤可奈子(さとう かなこ):1987年香川県生まれ。立教大学法学部政学科卒業。卒業年の2011年に新潟県十日町市池谷集落に移住し就農。移住女子としてフリーペーパーの発行などに携わる。2018年株式会社雪の日舎設立。「雪国の里山農業から、心うごく世界を」をテーマに、里山農業の魅力を届けるべく、営農・商品開発・通信販売・情報発信を行う。十日町市農業委員、新潟県農林水産審議会委員、内閣府の有識者委員を歴任。ForbesJAPAN「日本を元気にする88人ローカルイノベーター」に選出。「平成29年度 女性のチャレンジ賞(内閣府男女共同参画担当大臣賞)」受賞。食べることと、読書が好きな二児の母。



(新潟日報社 子育て世代向けニュースページ 2017年)

 
2019年9月1日 発売 !
◎ご予約は、書店または新潟日報NIC新聞販売店、Amazonで


 
価格 : 1,296円(税込)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ