トップ > 歴史・伝記 > 越後の親鸞

越後の親鸞

    新装版 越後の親鸞 史跡と伝説の旅

 大場 厚順 著

親鸞聖人750回忌記念出版。日本仏教最大の教団である浄土真宗。その宗祖である親鸞は、朝廷の念仏弾圧により越後に配流となった。親鸞の教えはどのようにして人々に浸透していったのか。越後に残る親鸞ゆかりの史跡をたどり、親鸞がこの地で過ごした日々に迫る。     親鸞聖人越後御旧跡奉賛会推薦。

A5判/118ページ/定価(本体1,429円+税)

著者:大場 厚順/31年生。新潟県上越市生まれ。大谷大学文学部卒業。真宗大谷派善正寺住職。共著書に『上越真宗教団のあゆみ』(高田教区教化委員会)『論集日本人の生活と信仰』『日本の社会と宗教』(以上、同朋舎)『新潟県の歴史散歩』など

価格 : 1,543円(税込)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ