トップ > 歴史・伝記

歴史・伝記

全65件

  • 北の海へ 新潟港の明治・大正・昭和 【7月21日発売】

    北の海へ 新潟港の明治・大正・昭和 【7月21日発売】

    2,160円(税込)

    編集代表:鈴木英介(みなと・さがんプロジェクト実行委員会『北の海へ』編集会議会長)、橋本啓子(フリーライター) 監修:神長英輔(新潟国際情報大学准教授) 明治期から新潟人は帆船を操り、対岸の沿海洲に渡り さらに樺太、カムチャツカへと進出した。 新潟発...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • あっ、コレ知ってる!「はにわ」「どぐう」「かえんどき」の平成昭和【8月4日発売】

    あっ、コレ知ってる!「はにわ」「どぐう」「かえんどき」の平成昭和【8月4日発売】

    1,728円(税込)

    新潟県立歴史博物館 編 縄文時代を象徴する「埴輪」「土偶」「火焔土器」。 昭和・平成と移りゆくなか、これらは時に芸術作品として、時に映画やマンガのモチーフとして、私たちの生活に影響を与えてきた。その魅力に豊富な写真で迫る。

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 新潟県 県民性の人物史 【6月23日発売】

    新潟県 県民性の人物史 【6月23日発売】

    1,944円(税込)

    新潟大学特任教授 伊藤 充/著 〜新潟県人の誕生と県民性の形成 〜大好評『新潟県 県民性の歴史』の姉妹編。「県民性が過酷な体験と結びついたとき、新潟県人は不屈の情熱を傾けて立ち向かい、輝きを放つ―」 多彩な分野で活躍した252人の県人から県民性を考察する楽...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 教師と満蒙開拓 【6月23日発売】

    教師と満蒙開拓 【6月23日発売】

    2,484円(税込)

    教師たちは満蒙開拓移民送出に、どう関わっていったのか。過去の膨大な新聞記事や文献資料を渉猟し、開拓地教師の手記や当時の児童体験を聴取する中から、新潟県教育界・教師たちによる満蒙開拓移民送出の実態を明らかにする。 第1章 新潟県と大陸進出 第2章 大...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 新潟県 県民性の歴史 

    新潟県 県民性の歴史 

    1,944円(税込)

    『新潟県 県民性の歴史』3刷出来! 県民性・地域性、その歴史的系譜 忍従、忍耐、寡黙、ひたむき、実証的、実利的、粘り強さ、堅実勤勉…。 頑固、諦観、陰気、排他的、消極的、口下手、指導性・独創性の欠如…。 何千年にわたり繰り返し歴史の積み重ねとして経験...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 吏に生きた男 河井継之助

    吏に生きた男 河井継之助

    1,728円(税込)

    2000年7月初版 長らく品切だった書籍・再販売です 安藤哲也著  四六判 272ページ  2000/7/6 初版 2009/4/20 3刷  元新潟県立図書館長の著者が若き日に描いた評伝が待望の復刊。 幕末長岡藩の藩政改革の旗手・河井継之助の激烈な「吏」の生涯を紹介。 【...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 越後史跡紀行 歴史と人物 【12/16発売】

    越後史跡紀行 歴史と人物 【12/16発売】

    1,512円(税込)

    山城、平城、館跡―。越後各地に遺された84の史跡をたどる歴史紀行。史跡にたたずみ往時をしのび、興亡盛衰や史跡を彩る人物群像にも思いをはせる歴史の旅。新潟日報好評連載、待望の書籍化。 著者:花ケ前盛明 1937年新潟県上越市生。国学院大学大学院修士課程(日...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 河井継之助 その後

    河井継之助 その後

    1,620円(税込)

    北越戊辰戦争から150年。その後、北越がたどった近現代史とは何かを、慈眼寺、長岡洋学校、裏日本、越山会、そして中越地震などのキーワードで今あらためて問い直す。 序章 八丁沖から見た歴史 第一部 幕末から明治へ 第一章 北越戊辰戦争と河井継之助 第二章 ...

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト

ページトップへ